活動報告

2021年

  • 日本キャリアカウンセリング学会第26回大会の公募シンポジウムへの登壇

    • BLOG

    2021年11月14日、当協会の代表理事である牛見和博弁護士が、日本キャリアカウンセリング学会第26回大会の公募シンポジウムに登壇いたしました。

    シンポジウムのテーマは、「【医師・弁護士をはじめとする専門家】×【キャリア支援・メンタルヘルスケア】今後の連携の必要性と可能性」であり、牛見弁護士からは、弁護士によるEAPによる従業員のキャリア支援・メンタルヘルスケアについてお話するとともに、弁護士と他専門家との連携の必要性と具体例についてお話ししました。

    当協会は、今後も、弁護士によるEAPの普及・推進のため、他専門家とも連携していきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 外部勉強会報告

    • BLOG

    2021年10月13日午前11時から,当協会賛助会員である株式会社船井総合研究所様主催の法律事務所向け「企業法務研究会」が開催されました。
    研究会では,当協会理事の植松康太弁護士がゲスト講師として登壇し,SDGsへの取組み報告や士業としての関わり方等についての講義を行いました。

    講義の中では,EAPを導入することががSDGsのゴール3,ゴール8に貢献につながるとのお話がありました。
    講義の他にも,参加事務所の取組み報告等,通常の業務では得られない多くの気づきがありました。

    当協会では,会員弁護士のスキルアップのために,会員向け勉強会や外部勉強会の体験参加等の取組みを行っております。
    EAPの取組みを開始したいという企業様,弁護士の方のお問合せ・ご入会をお待ちしております。

  • メディア掲載のお知らせ(会員:下迫田浩司弁護士)

    • NEWS
    メディア掲載のお知らせ(会員:下迫田浩司弁護士)の画像

    2021年10月14日、エール少額短期保険㈱様の弁護士保険コラムに「弁護士による従業員支援プログラム(EAP)」が掲載されました。

    このコラムは、当協会理事の下迫田浩司弁護士が監修いたしました。
    以下のリンクより是非ご覧ください。

  • メディア掲載のお知らせ(会員:伊藤一星弁護士)

    • NEWS
    メディア掲載のお知らせ(会員:伊藤一星弁護士)の画像

    当協会の会員である伊藤一星弁護士が代表を務める弁護士法人宇都宮東法律事務所(栃木県宇都宮市)におけるEAP(従業員支援プログラム)の取組みに関連する記事が、2021年6月29日の産経新聞栃木版(及びそれを配信するYahoo!ニュース)に掲載されました。

    【伊藤弁護士のコメント】
    弁護士EAP協会の設立に伴って、弊所でもEAPを多くの企業に広めていこうと活動しております。

    EAPは、従業員が会社と提携する弁護士に無料で法律相談をすることができて司法アクセスの解消につながるだけでなく、会社にとっても法的な問題で悩んでいる従業員を弁護士につないであげられることで、従業員満足度の向上や優秀な人材の確保や定着につなげることができ、会社の生産性向上にも寄与することができます。また、EAPは、人を大切にする経営の実践につながり、EAPを導入する会社が広がっていくことで、従業員を大切にする風土が社会全体に広がっていくという効果も期待できます。

    私としては、弁護士として、従業員の法的な悩みを解決することにとどまらず、それによって会社の生産性向上を実現し、会社が属する地域社会の発展に寄与したり、人を大切にする経営が世の中に広がっていくことに貢献できるのであれば、人権擁護(=人助け)を使命とする私達弁護士にとって、これほど弁護士冥利に尽きることはないと思っており、従業員にとっても、会社にとっても、社会にとっても有用なこのEAPをこれから積極的に広めていきたいと思っています。

  • メディア掲載のお知らせ

    • NEWS

    士業専門誌である「FIVE STAR MAGAZINE」(63号,2021年7月発行)において、当協会の活動と弁護士によるEAPに関する記事が掲載されました。

    この記事には、当協会の代表理事である牛見和博弁護士、理事である嵩原安三郎弁護士・植松康太弁護士、会員である廣石佑志弁護士が取材協力をしております。

    以下のリンクよりバックナンバーを購入できますので、是非ご覧ください。

  • 日本弁護士連合会会長 表敬訪問のご報告

    • NEWS
    日本弁護士連合会会長 表敬訪問のご報告の画像

    本日(2021年6月21日)、当協会の理事及び会員の弁護士11名が、オンライン・対面にて、東京・霞ヶ関にある弁護士会館に日弁連の荒中(あら・ただし)会長を訪問させていただき、荒会長や石井邦尚事務次長と、弁護士がEAPにおいて果たすべき役割や、弁護士によるEAPの今後のあり方などについて、活発な意見交換をさせていただきました。

    当協会は、今後も、日弁連をはじめ、全国の各弁護士会との連携を進めるとともに、全国のEAP専門家等との連携も進めていき、弁護士によるEAPの普及・推進に努めてまいります。

  • SDGsと弁護士によるEAP

    • BLOG

    2021年5月28日、当協会の理事である植松康太弁護士(※)が、山口県弁護士会主催の「SDGsと弁護士業務に関する研修会」に講師として登壇いたしました。

    実は、弁護士によるEAPは、SDGsの達成に寄与するものです。

    すなわち、弁護士によるEAPは、職場組織の問題や従業員のプライベートな悩みを解決して、従業員満足度の向上や生産性の向上をもたらすものであり、

    ・SDGsのゴール3「すべての人に健康と福祉を」の達成に寄与するものであるとともに、
    ・SDGsのゴール8「働きがいも経済成長も」の達成に寄与するものでもあります。

    今後も、当協会は、弁護士によるEAPの普及・推進を通じて、SDGsの達成に努力してまいります。

    ※ 植松弁護士は、当協会の理事であるとともに、一般社団法人SDGs推進士業協会の代表理事であり、SDGsに関して多数の講演を行うとともに、企業や団体におけるSDGsの達成に関するサポートを行っております。

  • EAP基礎研修会の開催のお知らせ 2021年5月1日

    • EVENT

    2021年5月1日、当協会主催で、国際EAP協会日本支部の市川理事長を講師にお招きし、会員向けの「EAP基礎研修会」を開催いたしました。

    EAPの成り立ち、EAPコアテクノロジーなどEAPの基礎的な事項について改めて学ばせていただき、どのように弁護士によるEAPを普及・推進していけばよいかを考えるための良い機会となりました。

    今後も、全国の企業・団体とその従業員・ご家族に、より良いサービスが提供できるよう研鑽を重ねていきたいと考えております。

  • WEBサイト公開のお知らせ

    • PRESS RELEASE

    この度は「一般社団法人 弁護士EAP協会」のWEBサイトにアクセス頂き、誠にありがとうございます。

    昨年から準備を進めていました法人化のための登記が完了し、本日、一般社団法人 弁護士EAP協会のWEBサイトを公開いたしました。
    より良いサービス提供のため、より一層の内容の充実を図ってまいります。

    今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

TOP